茨城県の土地や建物登記について

  | カテゴリ: 住まい

kiji_015_001.jpg

住宅ローンを組む場合や家を財産として所有するには、不動産登記が必要になります。

登記とは土地や建物の現在の所有者は誰なのか、また、どこからどこまでの面積が所有者の土地なのか、など権利関係を明確にするために記録するものです。

 

登記には下記のようなさまざまな種類があります。

・表示登記

・所有権保存登記

・所有権移転登記

・抵当権設定登記

これら登記の記録は地域の管轄法務局や登記所にある登記簿の記載されます。

 

例えば土地の売買契約を交わした場合に、その土地の所有権を主張するためには法的な裏付けが必要となります。

そのため所有権が移転した場合には、すぐに所有権移転の登記を申請する必要があります。

 

これらの申請は専門的で必要事項など細かく記載する必要があるので、一般的には司法書士や土地家屋調査士に作成してもらいます。

また、住宅ローンを利用する場合には抵当権設定登記が必要で、この抵当権設定登記とは住宅ローンを利用して家を建てた後、ローンの支払いができなくなった場合に債務者が家を担保として設定する登記のことです。

 

登記に必要な書類の作成を専門家に依頼する際にかかる費用は、土地や建物の評価額によって異なったり、それぞれ依頼する司法書士や土地家屋調査士によっても異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

茨城県の不動産登記管轄一覧

庁名不動産登記管轄区域
水戸地方法務局
本局(ほんきょく)
水戸市、那珂市、ひたちなか市、笠間市、東茨城郡茨城町、城里町、大洗町、那珂郡東海村
水戸地方法務局
日立支局(ひたちしきょく)
日立市、高萩市、北茨城市
水戸地方法務局
常陸太田支局(ひたちおおたしきょく)
常陸太田市、常陸大宮市、久慈郡大子町
水戸地方法務局
土浦支局(つちうらしきょく)
土浦市、石岡市、かすみがうら市、小美玉市、稲敷郡阿見町、稲敷郡美浦村
水戸地方法務局
つくば出張所(つくばしゅっちょうじょ)
つくば市
水戸地方法務局
龍ケ崎支局(りゅうがさきしきょく)
龍ケ崎市、稲敷市、稲敷郡河内町、北相馬郡利根町
水戸地方法務局
取手出張所(とりでしゅっちょうじょ)
取手市、牛久市、守谷市、つくばみらい市
水戸地方法務局
鹿嶋支局(かしましきょく)
鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市
水戸地方法務局
下妻支局(しもつましきょく)
古河市、下妻市、常総市、坂東市、結城郡八千代町、猿島郡境町、五霞町
水戸地方法務局
筑西出張所(ちくせいしゅっちょうじょ)
結城市、筑西市、桜川市