無理のない住宅ローン返済額とは

  | カテゴリ: お金

kiji_018_001.jpg

家づくりに大事な資金計画はどのように進めればいいでしょう。

 

まず大事なのは、現時点で調達できる資金の総額を考えることです。

例えば、両親からの援助が見込める場合には、それらも含め計画を立てていきましょう。

 

家づくりは、土地や建物などとても大きな買い物になりますので、お金の支払方法は住宅ローンを組むのが一般的です。

住宅ローンを組む際にとても大切なのは、無理なく返済できるかどうかを考えることです。

どれくらいまで借りられるかではなく、「いくら借りるのか」ということを決めるのが最もが重要なのです。

その返済できる金額というのは、現在支払っている家賃をベースに考えるのが良いでしょう。

 

しかし、現時点で家賃がかかっていない場合や、市営住宅や県営住宅で家賃が相場より極端に安い人の場合は、いままでと違い、新たに出費が発生しますので、特に無理のない金額を設定しなければなりません。

 

そういった人の場合には、例えば、2DKの家賃の全国平均が6万円ほどなので、この6万円をベースに考えてみるとよいでしょう。

また、6万円に加えて、なんとか工面できるお金が月々1万円ある場合、7万円が毎月無理なく支払えるローンの返済額と設定するとよいでしょう。