木造軸組工法[もくぞうじくぐみこうほう](在来工法)とは?

  | カテゴリ: 住まい

kiji_003_001.jpg


日本の伝統的な木造建築の工法として「木造軸組工法」があります。

「在来工法」や「在来軸組工法」とも呼ばれ、現在までに簡略化され発展してきました。

工法(構法)・構造とは、家の建て方の仕組みのことです。

 

木造軸組工法とは

木造軸組工法は、日本ではもっとも一般的な構法であり、柱、梁、桁を組み合わせることによって、骨組みがつくられ、柱と柱の間に筋交いを入れ、補強されています。

筋交いとは、柱と柱の間に斜めに渡す材木のことで、構造を補強する役割のある部材のひとつです。

筋交いは、斜めに1本渡すシングルタイプの場合や、クロス状に2本渡すダブルタイプの場合があり、地震や台風、強風などの強い風圧に耐えるための補強材です。

この様に、木造軸組工法は、軸で支える構造になっているため、壁の配置などの制約を比較的受けずに済みます。

 

また、雨の多い日本の気候に合うように、組み上げる順番に特徴があります。

基礎工事の後、上棟(骨組み)、屋根、外壁、内装といった順で、雨をしのげ、建物の内部への影響を最小限に抑えることができます。

さらに、木造軸組工法では開口部が比較的自由にとれることから、通風や採光の面においても優れていて、間取りの自由度が高くなっています。

 

kiji_003_002.jpg

もともとは高いレベルが必要な職人技術が必要で、経験や技術の差が出やすく、工期や施工レベルにばらつきが出ることもありましたが、最近では接合部分などを工場で加工するプレカットの技術が進んでいることや、反りの少ない集成材などの利用によってばらつきは少なくなっています。

また、リフォームや増改築も比較的容易なため、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応でき人気があります。

 

木造軸組工法のメリット・デメリットとは

木造軸組工法のメリット

木造軸組工法のメリットとは

・古くからある伝統的な工法なため、多くの建設会社で対応できる。

・比較的自由な間取りに対応できる。

・将来のリフォームや増改築が比較的安易である。

・木材や金物など部材が豊富なため、費用が抑えられる。

 

木造軸組工法のデメリット

木造軸組工法のデメリットとは

・施工会社や大工の技術により、品質にバラツキがでる。

・多くの建設会社で取り扱っているため、価格に差がでる。

・2×4(ツーバイフォー)工法などと比べると工期が長い

 

木造軸組工法にはメリット、デメリットはありますが、最近では、単なる木造軸組工法ではなく木造軸組工法とパネル工法など、異なる工法を組み合わせ、高い耐震性・耐風性を実現するハイブリッド工法と呼ばれる新たな工法も増えてきています。