新築住宅の断熱方法により結露が発生する問題

  | カテゴリ: 住まい

kiji_030_001.jpg

新築住宅を建てる際の断熱方法には外張り断熱と充填断熱の2つに大きく分かれます。

 

取扱いが多く一般的なのは充填断熱で、比較的コストが割安で施工できる断熱工法です。

しかし、充填断熱は柱と柱の間に隙間なく断熱材を入れて湿気が溜まらないようにする必要があるため、施工する職人の技術によってばらつきが出やすく、結露の問題なども含め十分な断熱効果が発揮されないという問題も発生する可能性があります。

 

その一方で、外張り断熱は柱の外に断熱材を張るために、家の壁部分が厚くなる場合があります。

隣地から外壁までの距離が決められているような制限がある場合は注意が必要となります。

また、外観を複雑な形状にしようとすると、施工の際の効率が落ちるため、シンプルな外壁となる場合が多くなります。

 

そして、外張り断熱は断熱性は高いですが、充填断熱に比べ、コストが高くなる傾向があります。

このようにそれぞれメリット・デメリットがありますが、快適な生活を目指すには断熱性だけではなく、気密性も重要になってきます。

 

また、これからの時代は地域ごとに断熱材の種類や厚みなどの断熱性能の基準を国が示した、次世代省エネ基準が求めらるようになります。

この基準は外張り断熱か充填断熱かで異なりますが、次世代省エネ基準を満たす仕様を視野に入れて考えることで、満足のいく家づくりが目指せるでしょう。