新築住宅の地盤調査と改良工事

  | カテゴリ: 住まい

kiji_021_001.jpg

家を建てる際に、基礎部分や建物がどんなに丈夫な構造をしていても、地盤がしっかりしていなければ、安心して暮らすことはできません。

 

家を建てる敷地が軟弱地盤だった場合、何も対策をしないと、建物自信の重みで不同沈下が起こり、建物が傾くなど重大な事態を招きかねず、大地震の際に地割れや地滑りが起こるリスクもあります。

また、補強工事が必要な場合、建物の予算を削る必要も生じてしまいます。

 

そのため、しっかりと安心できる家を建てるには「地盤調査」の実施が必要になります。

地盤調査とは、家を建てるために必要な地盤の支持力や沈下量など、その土地の強さや密度などを調べます。

そして、この地盤調査の結果次第では、すぐに家を建てられないということもあります。

調査結果によって地盤が弱いと判明すれば、土地の改良工事が必要になります。

 

地盤改良工事には主に3つの工法があります

表層改良工事

表層改良工事とは、弱い地盤の層が地表から2メートル以内の場合に多く採用されます。

弱い地盤にセメント系の固化材を混ぜて地盤強度を上げます。

 

柱状改良工事

柱状改良工事とは、弱い地盤の層が地表から2メートル以上8メートル以内の場合に多く採用されます。

弱い地盤に直接穴を掘り、コンクリートを流し込み、丈夫な柱を造って地盤強度を上げます。

 

鋼管杭工法

鋼管杭工法とは、地下深くまで強い地盤が現れない場合に多く採用されます。

鋼製の杭を強い地盤まで打ち込み地盤強度を上げます。

 

家を建てる土地がどのような地層になっているか調べることはとても重要です。

気になる土地があったら、不動産会社や売主に地盤調査の有無を確認しましょう。

また、役所に聞いたり、地盤の調査マップを確認できるサイトがありますので、ある程度土地の履歴や状況を確認することもできます。