建築可能な敷地と接道義務

  | カテゴリ: 住まい

kiji_024_001.jpg

家はどんな敷地にでも建てられるわけではありません。

建築基準法という法律で家が建てられる敷地に決まりがあるのです。

 

基本的には、住宅用の敷地は、敷地と道路がつながっていなければなりません。

道路幅4mの道路に2m以上敷地が接しなければいけないという決まりがあり、これを「接道義務」といいます。

 

つまり、この接道義務の基準を満たしていない土地には家は建てられないということになります。

ただし、必ずしも敷地と道路がすべて接していなければならないわけではなく、道路から少し奥まった敷地でも、路地などで道路とつながっていて、その路地の幅が2m以上あれば家を建てることが可能となっています。

 

しかし、昔からある市街地などでは4mに満たない道路が多く残っているため、2項道路と呼ばれる例外規定が定められています。

このため、すでにその敷地に建っている家については問題ありませんが、新たに家を建て替える場合にはこの規制がかかってしまいます。

 

これは原則、道路の中心から2m後退したラインを道路の境界線とみなす規定で、「セットバック」と呼ばれています。

この規定を満たすことにより、接道義務のある敷地でも建て替えが認められています。