家を建てるための資金計画

  | カテゴリ: お金

kiji_019_001.jpg

資金計画で重要になるのはやはり住宅ローンです。

住宅ローンには多くの種類があり、また金利の形式もさまざまです。

どのようなタイプの住宅ローンが合っているかや月々の支払額はどれくらいが適正かなど、検討する項目は多くあります。

 

しかし、住宅ローンは家を建てた後の生活でとても大事な問題となるにもかかわらず、金融機関から勧められる商品(住宅ローン)をそのまま契約してしまうケースが多いようです。

 

住宅ローンの借入額が増えると、毎月の返済額が増え負担が大きくなるので、自己資金は少なくとも総費用の20%~30%を用意したいところです。

つまり、自己資金の3倍~5倍が家づくりにかけられる総予算と考えるとよいでしょう。

資金計画を考える場合、住宅ローンの借入額は、いくら借りられるかではなく、いくらなら返せるのかという観点で考えることが重要です。

 

そのため、金融機関から用意されているさまざまな商品もしっかり比較して検討でき家を建てる人に適した住宅ローン商品を提案できる人や土地や建物に関して十分理解していてしっかりしたアドバイスをできるプロが身近にいると安心です。

ただ、そのようなプロはなかなか身近にいるものではありませんので、住宅会社や工務店などで土地選びや資金計画など、総合的にアドバイスできるプロに相談するのが最善でしょう。

また、その際は土地、建物、住宅ローンに関して別々の業者を探すのではなく総合的に相談に乗ってくれるような住宅会社を選びましょう。

 

住宅ローンは長期にわたって返済していくものなので、将来のライフプランを考えながら、しっかりと資金計画を立てましょう。