地震対策で地震に強い家

  | カテゴリ: 住まい

kiji_020_001.jpg

東日本大震災により、新築検討の際に、より一層求められている住宅の耐震性。

これから家を建てるにはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

 

まずは地震による倒壊を防ぐために、建築予定地にて事前に地盤調査をしっかりと行うことが重要です。

地盤調査でなんらかの問題が判明したとしても、地盤改良工事を行うことによって、地震による被害を最小限に抑えることができます。

住宅の性能を考えるということは、間取りや見た目をを考えることと同じか、それ以上に大事と言っても過言ではありません。

 

地震や台風などでも倒壊せずに損傷を抑える強い家をつくるには、在来工法では、柱や梁などの建物を支える軸組の強さとは別に、「耐力壁」が重要な役割を担います。

十分な強さの耐力壁を家全体にバランンスよく配置し、力を受けても変形しにくい安定した構造にします。

接合金物を使い、基礎と土台と柱を緊結することも重要になります。

また、この様な耐震の考え方とは別に、特殊な装置を使用した、「免震」という方法もあります。

 

建物自体の地震対策には大きく分けて3つの方法があります

免震構造による地震対策

免震構造とは、建物の基礎と建物自体の間に、免震装置を設置することで建物と地面を離し地震の震動が直接建物に伝わりにくくする方法です。

 

耐震構造による地震対策

耐震構造とは、壁や柱、梁、筋交などに補強金物などを使用して、建物自体を強化する方法です。

 

制震構造による地震対策

制震構造とは、建物自体にダンパーと呼ばれる振動軽減装置を設置することで、地震の震動を吸収し建物に伝わる揺れを抑える方法です。

 

この中で日本で最も普及している地震対策は「耐震工法」です。

一方、最も効果的な地震対策は「免震工法」と言われていますが、他と比べコストが高い傾向になるため、まだそれほど普及はしていません。

 

また、最近では、「免震構造」「耐震構造」「制震構造」単独ではなく組み合わせた工法による建物も開発されています。

これら、構造による地震対策にはメリット・デメリットがあることや、土地や予算との折り合いの問題も出てきますので、様々な制約の中でどの様な地震対策ができるのか、よく考えて選ぶことが重要となります。