地盤に応じた住宅の基礎工事(布基礎とベタ基礎の違い)

  | カテゴリ: 住まい

kiji_014_001.jpg

住宅建築を着工する際に最初に行うのが基礎工事です。

基礎工事は、家と地盤をしっかりとつなぎ、建物を支えるための工事のことです。

 

基礎工事には大きく分けて「布基礎」と「ベタ基礎」があります。

布基礎とベタ基礎は地盤の良し悪しによってどちらを採用するか決まります。

 

地盤が良い場合には布基礎を、地盤が弱い場合にはベタ基礎を施すことが一般的です。

また、最近では地盤の良し悪しにかかわらず、どのような地盤に対してもベタ基礎を施工するケースも増えてきています。

 

布基礎の特徴

布基礎は、英語のTの字を逆さにしたような形状の鉄筋コンクリートで家の土台を支える構造です。

T字部分が鉄筋コンクリートで、その他の部分は土が見えている状態のため強固な地盤の場合に利用されます。

 

ベタ基礎の特徴

ベタ基礎は、基礎の立ち上がり部分だけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートで、家の荷重を面で支える構造です。

面全体で家を支えることができるので、耐震性や安定性に優れています。

また、土が見えず鉄筋コンクリートで覆われているため、地面からの湿気やシロアリの侵入を防ぐことができます。

 

ベタ基礎は、布基礎に比べコンクリートの使用量が多くなる分、基礎工事にかかる費用が割高になる傾向がありますので、地盤の状態と基礎工事にかかる費用はしっかりとチェックしておきましょう。