住宅ローンのフラット35とは?

  | カテゴリ: お金

kiji_005_001.jpg

住宅ローンは各金融機関でさまざまな種類がありますが、返済方法や金利タイプの選び方で大きく違いが出てきます。

 

金利には大きく分けると2種類あり、固定金利と変動金利とよばれるものです。

固定金利は金利が固定されるもので、固定金利の中でも長い期間金利が固定されるものの代表に「フラット35」とよばれる住宅ローンがあります。

 

フラット35とは

フラット35とは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間の金融機関と提携して行う住宅ローンのひとつです。

そして、フラット35の最大の特徴としては、

・返済期間が最長で35年間

・返済期間中に金利が一切変動しない固定金利

 

つまり、最長で35年間の長期固定金利ということです。

 

フラット35は最長35年間金利が固定される為、住宅購入にあたり資金計画や返済計画が立てやすいと言われています。

新築住宅を検討している場合にはフラット35を管理している住宅金融支援機構が定める基準をクリアする必要がありますが、保証人や保証料、返済条件変更時の手数料が不要なため人気がある住宅ローンです。

 

また、フラット35の融資限度額は全国一律で8,000万円までと決まっています。

しかし、年間の返済額に限度があり、借主の年収によって変わってきます。

例えば、年収400万円未満の場合、年間返済額が年収の30%以下、年収400万円以上の場合は年収の35%以下の金額までしか借入できない事になっています。

 

また、新築時に耐震性や省エネルギー性など優れた住宅を建築する場合には住宅金融支援機構が定める基準をクリアすることによってフラット35Sというフラット35よりも借入金利を一定期間引き下げる制度もあります。

 

フラット35はサポート体制もしっかりしていて、返済方法もさまざまあり、変更や相談を受けてくれます。

茨城県を拠点としている銀行で、フラット35を取り扱っている常陽銀行筑波銀行は、平日はもちろん、土日も無料相談を受け付けています。

 

他にも民間の金融機関ではフラット35よりも低金利な住宅ローンもあるので、金利ばかりに注目するのではなく、返済方法や条件など自分にあった住宅ローンを探しましょう。