住宅ローンのつなぎ融資とは

  | カテゴリ: お金

kiji_010_001.jpg

つなぎ融資とは、例えば、新築住宅を建てる際や住宅の新規購入時に、住宅ローンが実行されるまでの間に住宅会社や土地の売主への支払いの為に利用するローンです。

 

住宅ローンは、申込みからすぐにローンが実行されるわけではなく、実際に実行されるまでには時間がかかります。

 

住宅ローンは、物件の引き渡し後、さらに抵当権設定登記が完了してから、つまり土地や建物が自分の名義(融資申込者)にならないと実行されません。

しかし、実際には、ローンが実行される前に住宅会社への手付金や中間金、完成時に支払う残金や土地の売り主への支払いが発生します。

これらの支払は資金に余裕があれば問題ないですが、自己資金等で補えるケースは少ないです。

そのため、間をつなぐ融資として「つなぎ融資」と呼ばれています。

 

ただし、どんなにスムーズに行っても、つなぎ融資で資金を借り入れれば、借入の為の手数料や借入期間の利息など出費が増えてしまいます。

また、つなぎ融資の手続きを行うためには、印鑑証明や住民票などの書類が必要になるので、それら書類の取得費用も発生します。

これら金利や諸費用は決して安くないので、借入期間がなるべく短くなるようにするなど、事前にしっかりと打ち合わせ、資金計画を立てることが大切です。

 

また、つなぎ融資はどこの金融機関でも取り扱っているわけではありません。

そのため、金利が有利だからだという理由だけで、金融機関を選ぶのではなく、つなぎ融資が利用できることを条件に金融機関選びを進めることをおすすめします。