住宅のアフターメンテナンスはどこまで対応してくれるのか?

  | カテゴリ: 住まい

kiji_029_001.jpg

住宅会社の仕事は「家を建てるまで」だけではありません。

何十年と快適に暮らしていくためには定期点検やアフターメンテナンスが必要です。

 

アフターメンテナンスとは、家が完成した後でも、欠陥や故障など、何らかの不具合が発見された場合に、修繕してくれる制度の事です。

 

メンテナンスを行ってくれる期間や間隔は住宅会社によってさまざまです。

1年間だけの保証という場合もあれば、10年目以降も保証をしてくれるケースもあります。

この保証期間や定期点検の間隔なども住宅会社を選ぶ際に事前に調べておくことが大切です。

 

点検項目は床下、外壁、設備機器、建具など住宅会社によって多岐にわたります。

 

アフターメンテナンスに関して、大手住宅会社なら安心と思われがちですが、漏水トラブルや配水管のつまりなど、急を要する問題がいつ発生するかわかません。

こういった場合、保証範囲にもよりますが、地元の住宅会社であれば、すぐに駆けつけてくれるなど頼りになります。

 

また、大手住宅会社の場合は、全国各地に営業所があり、家を建てた際にお世話になった担当者などが転勤してしまうケースもあります。

担当者が近くにいなくなってしまったせいで、メンテナンスを頼みにくくなったということもあるそうです。

 

念願のマイホームが完成してからも住宅にはさまざまな問題が発生します。

大切な家を守るためにもアフターメンテナンスがしっかりしている住宅会社を選びましょう。