低価格注文住宅のメリット・デメリット

  | カテゴリ: 住まい

kiji_027_001.jpg

低価格注文住宅の最大のメリットといえば、やはり住空間を自由にデザインできるところです。

極端に言えば、自分の好き勝手に、暮らしやすいように、すべてを決めることができます。

 

設計やデザイン、設備や建材・工法など自分の建てたいイメージに合ったものが作れるのです。

また、自由にイメージを膨らませることができるので、ある意味、計画段階が一番楽しい期間なのかもしれません。

 

着工後は家が建てられていく過程が楽しめ、さらには、普段経験できない、地鎮祭や上棟式など家を建てるときにしか経験できないことも体験できます。

建設工程も基礎から見れるため、安心して暮らすことができるでしょう。

 

しかし、家を建てることは一生に何度も経験できることではありません。

特に初めての場合には、すべてが完成するまでは不安もあります。

設計などはプロにアドバイスを求めることができますが、基本的には建て主の要望に沿ってつくられていきます。

住み心地や使い勝手で不都合が生じれば、すべて建て主の責任になります。

家族にとって満足のいく家にするためには、建て主自身の細かな配慮が必要になるのです。

 

また、すべて思った通りの要望がかなえばそれにこしたことはありませんが、予算にも限りがあります。

無理をした資金計画をすると、ローンがかさみ、返済のリスクも発生してしまいますので、後々の生活を考え、初めにきちんとした資金計画を立てましょう。

 

一度建てた家でも時間が経てばメンテナンスの必要も発生します。

それらを十分考えた上で自由度に比例した責任を覚悟しなければならないのが低価格注文住宅なのです。