二世帯住宅の3つの種類

  | カテゴリ: 住まい

kiji_011_001.jpg

二世帯住宅とは、一つの建物に主に、親の世帯と子供の世帯の二つの世帯で住む住宅のことで、それぞれの世帯が独立した生活を送るために設計された住宅のこと。

空間や設備を共有して利用するなど、二世帯の家族で協力し、それぞれの世帯にとって快適に暮らせるよう自由に設計できるのも魅力的な部分です。

そして、二世帯住宅には完全分離型、一部共有型、完全同居型と大きく分けて3つのタイプがあります。

ここでは、二世帯住宅の3つのタイプについて簡単に説明します。

 

二世帯住宅のタイプ

完全分離型

完全分離型とは、例えば、それぞれの世帯が上下の階や隣合わせで別れて独立しているタイプでフロアが別れている構造なので、しっかりとプライバシーが確保されるのが特徴です。

しかし、プライバシーが保てる反面、緊急時や防犯面での心配も発生する場合があります。

そのため、フロアを繋ぐ渡り廊下や裏階段など、玄関を出なくてもお互いのスペースに行き来できるような構造なっていることが多いです。

 

一部共有型

一部共有型とは、部分共有型とも言われ、玄関やキッチン、リビング、浴室など住まいの一部を親世帯と子世帯などで共有して使用するタイプです。

共有部分でのプライバシーは使用する時間帯を分けるなどして確保する必要がありますが、適度な距離でコミュニケーションを図れる部分であるとも言えます。

また、浴室の共有は光熱費の節約などの利点があります。

共有部分をどこにするかで大きく変わってきますので、しっかりと相談して決めるとよいでしょう。

 

完全同居型

完全同居型とは、親世帯、子世帯が寝室以外のスペースを全て共有するタイプです。

一般的な戸建住宅と大きな違いはありませんが、共有部分が多いので、建築費用や光熱費などが抑えられる特徴があります。

しかし、プライバシーの確保が難しいので、親世帯、子世帯それぞれの専用スペースをつくるなどの工夫も大切です。

 

この様に、それぞれメリット・デメリットはありますが、育児や介護などの助け合いや、建築費用や光熱費の削減など、有効に生かせる二世帯住宅ですので、お互いの生活スタイルを考慮し、それぞれの世帯で納得のいくプランを立てることが最も重要になるでしょう。