二世帯住宅で気を付けること

  | カテゴリ: 住まい

kiji_012_001.jpg

二世帯住宅にはメリットもデメリットもあります。

いくつかの世帯がひとつの敷地に家を建てることで、住環境の一部や設備などを共有できるので、各世帯ごとに家を建てるよりも、合理的、経済的に家を持つことができるのが最大の魅力です。

 

ひとつの空間で生活する人数が増えれば、たとえ家族が病気などになった場合でも何かと頼ることができるので安心できます。

さらに、祖父母の世代からみると、孫と一緒に住んでいれば、いつでも気軽に会えるという楽しみもあるでしょう。

 

しかし、二世帯住宅にはメリットだけではありません。

同じ空間で生活してはいても、必ずしも同じ生活時間で暮らしている訳ではない場合が多いです。

生活時間の違いはトラブルの原因のひとつとなることがあります。

親世代や子世代、孫世代はどうしても、それぞれの生活時間帯が異なってきてしまいます。

 

例えば、朝早く起きる親世代とは反対に、夜遅くまで起きている、子や孫世代。

日中家に居ることが多い親世代と、日中は家を空け夜遅くに帰ってくる子や孫世代など、二世帯住宅を建てる際は、それぞれの世代がストレスなく快適に生活できるように設計することが重要になってくるでしょう。

 

また、玄関やトイレ、お風呂など一部共有して使用する「部分共有型」では、親の世代が使いやすいように設計するなどの配慮も大切になります。

なるべく段差をなくしたり、階段には手すりを設置するなど、バリアフリーを意識した家づくりを考えましょう。