中古住宅のメリット・デメリット

  | カテゴリ: 住まい

kiji_026_001.jpg

低価格が魅力の中古住宅も選択肢のひとつになります。

中古住宅と一口にいっても中古一戸建てと中古マンションがあります。

一戸建てを検討する際の確認項目はマンションにも当てはまりますので、ここでは一戸建てを目安に考えていきます。

 

中古住宅のメリットといえばやはり低価格という点になります。

財団法人不動産流通近代化センターでは、中古物件の価格査定マニュアルを策定していて、多くの不動産業者はこのマニュアルを基本に価格を決定しています。

 

どのような住宅でも築一年後から価格は下がり始めてしまいます。

特に木造住宅の場合、築20年を過ぎると査定価格がゼロとなってしまう物件も少なくありません。

そういった物件の購入に必要な費用はほぼ土地代だけということになりますが、その後、実際に住むまでにリフォームが必要となり、リフォーム費用が多くかかる場合があります。

 

また、すでにある物件を購入するので、実物を確認してから購入決定できるところや、価格が決まっていますので、予算に合った物件で検討できることなどがメリットとして挙げられます。

このように低価格が魅力の中古住宅ですが、最近では低価格でも新築戸建住宅を実現できるハウスメーカーも増えてきています。