ローコスト住宅ではなく適正価格の価値ある住まいとは

  | カテゴリ: 住まい

kiji_025_001.jpg

ローコスト住宅とは一般的に「安くて品質のいいもの」を売りにした商品で、坪単価あたりの建築価格が安いのが特徴だ。

坪単価で計算するというのは不動産業界では当たり前になっている。

その理由とは、様々な物件ごとの個別の事情や、面積の大小を計算に入れずに、一坪あたりにかかる土地や建物のコストを算出することによって、他の物件との比較をしやすくする為だ。

 

ただし、ローコスト住宅を売りにしている業者では気を付けたい事がある。

それは、追加料金がかかる場合があるということ。

例えば、坪50万円で引き受けてくれるという業者があっても、話をよく聞いてみると、坪単価の元となる床面積が建築確認申請の床面積ではなくて、縁側やバルコニーなどを含めた面積で計算していたという事がある。

 

これは、より広げた床面積にする事で水増しし、坪単価を下げる方法なのです。

また、標準仕様の内容にも気を付けたい。

見積もりにある標準仕様とは、ごく基本的なプランで、それ以上の追加注文は別途費用がかかると言われる場合が多い。

その為、改めて見積書を作成しなおすと、当初の予算から大幅に費用がかかるということがある。

 

せっかくローコスト住宅で家を建てようと思っていても、一般的な注文住宅の相場並みになってしまってはしかたありません。

住宅メーカーを探す時にはローコスト住宅というよりも、余計な費用を抑え、適正な価格で家を建ててもらえるメーカーを見つける事が重要だ。